岩松正史プロフィール

岩松正史 (いわまつ 正史)
『笑顔の聴き上手育成 傾聴教育家』岩松正史
一般社団法人日本傾聴能力開発協会 代表理事

1973年 東京都生まれ 東海大学 経済学部卒業
キャリアコンサルタント(国家資格)
産業カウンセラー 他

話しがちゃんと聴けない人は共通点として「感情より思考を優先している(=相手のためではなく、自己満足のために聞いて)」ということに気づき、C.ロジャーズの理論に基づく「傾聴法」「心理学」・「脳科学」をに従って聴きにくくなる原因・欲求・訓練法を明らかにし、深く、そして楽に聴ける傾聴法を指導。

2005年から展開する、傾聴の基本を1日で効率よく学べる傾聴1日講座Ⓡの受講者は、単独募集のみで4,000名を超える。(企業研修など除いた人数)

経営者でもあり、「気持ちを聴くだけの傾聴は、ビジネスでは使えない」という常識を覆して、傾聴力をフル活用した手法で、傾聴教育ビジネスを14年間事業を継続、発展している。

無料で傾聴のコツを学べるメールマガジン「傾聴のつぼ」の読者は、十余年で2万人を超える。
現在は、専門家でなくてもできる生活の中の身近な聴き上手を増やすべく、傾聴サポーターⓇの育成を手がけ、3年間で日本全国に115名の認定傾聴サポータ尾を育成し、継続して指導に当たっている。

また、専門的な相談スキルが必要なプロに対しては、傾聴力を問題解決につなげるための相談スキルを習得するための傾聴心理士を開催し、職業カウンセラー、セラピストなどの支援を行っている。

他の人の気持ちをしっかりと受け止められる本当の聴き上手になるには、専門知識やスキルの学習に留まらず、聴き手自身が自分を信頼できる「自分への傾聴力」を磨くことが大切であり、傾聴を我慢や修行、表面的な形なもとしてではなく、お互いを安心して理解しあえる関係づくりの手段として、まず「聴く人が楽に聴ける」ことをポリシーとしている。

著書

  • 「聴く力の強化書」自由国民社(4刷)



  • 執筆・監修・寄稿

    • Finantial Adviser
    • 看護のチカラ
    • ドクターズフォーシーズン
    • サインズ
    • OLマニュアル
    • 社長の四季
    • 決算診断実践会

    動画配信